クレジットカードのショッピング枠現金化・アイプロミス

元本均等返済方式とは?


カレンダーとお金

お金に困ったときに役立つのが融資サービス。必要なお金が揃って安心したのもつかの間、月々の返済に追われる日々が待っています。お金を借りた後は、責任持って完済することが大事なのはいうまでもありませんが、確実に返済を完了させるためにも、自分に合った返済方法を選ぶことが大事といえるでしょう。

返済方法はいくつかありますが、それぞれメリット・デメリットがあり、どれが一番ふさわしいかは、その人の資金繰りの計画と返済能力によって異なるといえます。まずは具体的な返済方法について詳しく知ることが大事でしょう。ここでは、元本均等返済方式の仕組みについて解説します。

元本均等返済方式とは

融資の契約のとき、返済方法は自由に選ぶことができますが、元本均等返済方式を選択した場合、もっとも知っておくべきことは、元金残高と利率の関係でしょう。元本均等返済方式とは、一言でいうと元金の残高に応じて利息が決まってくる方式です。

返済開始時期は、当然元金の額は高いということになります。利息は元金残高によって決定されるので、初期の利息払いの負担が大きいことをまず知る必要があるでしょう。

逆に、返済期間を経過していけば、返済分だけ元金は減るので、その分利率も低くなり、徐々に返済額は減っていくという仕組みです。元本均等返済方式を選択する場合、この点をまず抑えてください。

元利均等返済方式との違い

返済方法を選択するとき、元本均等返済方式と元利均等返済方式のどちらにするか迷う方もいるでしょう。元本均等返済方式は返済していく元金に応じて利息分が減っていきますが、元利均等返済方式は元金と金利の額の内訳が変わるだけで、毎月一定に同額の返済をする必要があります。毎月の返済額が最初の支払いから満期日まで変わらないことが元本均等返済方式との大きな違いです。

元本均等返済方式のメリット

元本均等返済方式の場合、元金残高に応じて支払う利息が決定されるので、最初の返済額はどうしても高くなります。しかし、順調に元金の返済が進めば、利率は減少していくので、返済期間が経過するほど返済負担が減っていきます。

元利均等返済方式で返済する場合、毎月の返済額は変わらず最初から最後の支払いまで一定です。これに対し、元本均等返済方式は、最初の支払いこそ高めですが、経過により返済額が縮小していくので、最終的には元利均等返済方式より返済の総額が少ない点がメリットといえるでしょう。

元本均等返済方式のデメリット

元本均等返済方式のデメリットは、初期の支払いが重いということでしょう。利息が元金の残高に応じて設定されるため、最初の返済である程度の返済金を準備する必要があります。
借りたばかりの時期に資金的に余裕のない方がこの方式を選ぶと苦しい状況が続くかもしれません。

月々にきちんと返済を行っても、どんな不測の事態が起きないとも言い切れません。突然引っ越しすることになった、などの場合、また融資サービスを受けるケースも考えられます。あまり無理をしてはじめの返済時期に頑張ってしまうと、想定外の事態に対応できない場合も考えられますので、注意してください。

元本均等返済方式の活用方法

元本均等返済方式は、最初に多めに返済し、後半楽になって結果的に他の返済方式より少額の返済で済ませる方法です。融資を受けたとき、比較的返済能力に余裕がある人は、この方式で返済すればトータル的に少ない額の返済で済むので、お得といえるでしょう。

まとめ

融資条件と同様、返済方法も自分の返済計画とその能力に見合った方法を選択するのが大事です。目先のことを考えれば、元利均等返済方式が楽でしょう。しかし、長い目で見れば、元本均等返済方式のほうがお得といえるかもしれません。しかし、どちらを選ぶかは、返済計画に基づいて確実な方法を選択するようにしましょう。

関連ページ

  • 元本一括返済とは?
  • 法定金利について
  • 任意整理について
  • 実質年率とは?
  • 約定返済について
  • 自己破産について