クレジットカードのショッピング枠現金化・アイプロミス

リボ払いについて


 

リボ払いはカードローンなどに適用される金利方式です。
毎月決められた金額を支払うことで返済を進めていき、一括返済と比べて、毎月支払う返済額が圧倒的に低く抑えられるのが特徴です。
しかし、通常の一括返済や分割返済と比べて、利息高くなる傾向にあるので注意が必要です

リボ払いと一括返済の違い

通常、融資を受けた場合には、決められた返済期日までに返済しなければなりません。
分割返済も基本的には同じで、借金を何カ月かで分割するものの、返済期日までにはすべてのお金を返さなければなりません。
リボ払いでは、あらかじめ毎月の返済額が決められており、毎月の約定返済さえ済ませておけば、自分のペースでゆっくりと返済することができます。
しかし、一括返済や分割返済ではあらかじめ支払う利息を把握できますが、リボ払いでは返済が長引くほど支払う利息は多くなり、借金が増えれば増えるほど返済は長引くようになっています。
利息を膨らませない対処法としては、随時返済を積極的に行い、いち早く元金を減らすことに尽きます。

随時返済とは?

随時返済とは、毎月決められた約定返済以外の返済のことです。
約定返済では、支払った金額から利息も支払われるので、なかなか元金を減らすことができませんが、随時返済は利息に充てられることがないので、支払った分はすべて元金の返済に充てられます。
利息は元金に金利を掛けて計算するので、元となる元金を減らすことが出来れば、発生する利息も抑えることができます。

リボ払いには大きく分けて2種類

リボ払いは大きく分けて2種類に分けることが出来ます。
基本的に両方とも毎月決まった金額を支払う形ですが、完済するまでのスピードに違いがあるので、カードローンなどを契約する際には、返済方式も気にする必要があります。

定額方式のリボ払いとは

定額方式のリボ払いではいくら借り入れを行っても、毎月支払う返済額に変動はありません
返済まで長くかかっていいから、毎月の返済を楽にしたいという方におすすめです。
定額式のリボ払いでは、余裕のある時には積極的に随時返済を行う意識が大切です。

残高スライド式のリボ払いとは?

残高スライド式のリボ払いでは、残りの借入残高に応じて、毎月の返済額が変動するようになっています。
つまり、借り入れが増えれば増えるほど、毎月支払う返済額が多くなるということです。
現在、多くのカードローンが残高スライド方式を採用しており、公式サイトなどで、借入額別の最低返済額が説明されています。
残高スライド方式は、借りすぎると返済額が増えるということで、定額方式と比べて毎月の返済が苦しくなりやすいです。
しかし、債務に応じて返済額を増やすことで、いくら返済しても元金が減らないという状況を避けることができ、トータルの返済回数や利息を抑えることができます。
多重債務に陥るのを避けたいという方は、残高スライド方式のリボ払いの方が安全です。

リボ払いの利息をもっと分かりやすく!

カードローンの金利は実質年率なので、一カ月であればどれくらい利息が発生するのか計算するのは困難です。
借入額に金利を掛けて、365日で割って日利を計算し、借りた日数を掛けることで計算することが出来ますが、毎回そんなことをしていたら面倒です。
おおよその数値ではありますが、年率18.0%であれば、月の金利は1.5%と覚えておけばいいでしょう。
10万円を借りたのであれば、毎月1500円程度の利息を。
50万円借りたのであれば、毎月7500円程度の利息が必要となるのです。
1.5%と聞けば安い印象を抱きますが、毎月発生する利息のイメージを掴むことが出来れば、借りすぎることなくセーブすることが出来るでしょう。

関連ページ