クレジットカードのショッピング枠現金化・アイプロミス

貸金業者とは?


お金を貸す業者はさまざまです。消費者金融にクレジット会社、銀行や信用金庫なども対象は個人、事業者に限らず融資サービスを行っています。貸金業者と聞くと、サラ金をイメージして及び腰になる、という人もいるかと思いますが、どのような区分けがなされているのでしょうか?また、銀行などもすべて貸金業者に含まれるのでしょうか?ここでは、貸金業者について詳しくご説明します。

貸金業者とは?

貸金業者とは、その名の通りお金を貸す業務を行っている者です。通常、利益を上げるために利息を付けて個人や法人に貸し付けを行っています。

貸金業者は、財務局または都道府県に登録した業者のことです。つまり、行政の許可の下、貸し金業務を行っている業者を意味します。

個人が当面の費用を業者から借りてまかなおうとなった場合、多くが利用するのが貸金業者でしょう。個人が借金する場合、もっとも深く関わることが予想されますので、それぞれの業者については各社のHPなど見て情報を集めるいいでしょう。

どんな業者が貸金業者?

具体的に、どんな業者が貸金業者かといえば、消費者金融、クレジットカードの会社などです。消費者金融はプロミスやアコム、アイフルなどが有名ですね。クレジットカードはVISA、JCBなどです。

貸金業者とは?

貸金業者とは、その名の通りお金を貸す業務を行っている者です。通常、利益を上げるために利息を付けて個人や法人に貸し付けを行っています。

貸金業者は、財務局または都道府県に登録した業者のことです。つまり、行政の許可の下、貸し金業務を行っている業者を意味します。

個人が当面の費用を業者から借りてまかなおうとなった場合、多くが利用するのが貸金業者でしょう。個人が借金する場合、もっとも深く関わることが予想されますので、それぞれの業者については各社のHPなど見て情報を集めるいいでしょう。

どんな業者が貸金業者?

具体的に、どんな業者が貸金業者かといえば、消費者金融、クレジットカードの会社などです。消費者金融はプロミスやアコム、アイフルなどが有名ですね。クレジットカードはVISA、JCBなどです。

まとめ

一般的に貸金業といっても、さまざまな形態があります。その違いは、適用される法律によって分かれてくるといっていいでしょう。消費者金融やキャッシングのクレジットサービスなどは、貸金業者となりますが、銀行などは銀行法の適用を受けるので、貸金業者とはいいません。

趣味や生活費などでお金が足りなくなった時、貸金業者を利用したい場面もあるでしょう。お金を貸すサービスはさまざまですが、それぞれ自分の申し込み条件にあった融資のサービスを選択し、確かな返済計画を立てて借りるようにしましょう。

関連ページ