お金レスキュー応援サイト

クレジットカードのショッピング枠現金化・お金レスキュー応援サイト

無人契約機でお金を借りる方法-在籍確認の仕組みや融資までの流れ


一列に並ぶATM

キャッシングやカードローンは、無人契約機を利用すれば誰にもばれずに、内緒でお金を借りることができます。

最近ではインターネットからの申し込みが主流になっており、無人契約機の利用率が減っていますが、いち早くローンカードを手元に置きたいのであれば、無人契約機を利用してみることをおすすめしています。

このページでは無人契約機からお金を借りるまでの流れや、在籍確認を回避する方法を解説しています。

無人契約機で申し込みからカード発行までの流れ

無人契約機では申し込みからカード発行まで、上記の流れで手続きを進めていきます。

消費者金融のカードローンであれば、申し込みからカード発行まで一時間程度で終わらせることができ、ローンカードが発行されたあとはATMからいつでも借り入れできるようになります。

ネット申し込みであれば、自宅へ郵送で届くまでカードを使った借り入れができません。

またカードが自宅へ届くことで、家族に借金がばれてしまうリスクもあります。

無人契約機で契約すれば、その場でカードを発行して自宅へ郵送物が送られることもないので、家族へばれる恐れも少ないというわけです。

ここからは無人契約機の申し込みからカード発行までの流れを、もう少し詳しく解説していきます。

申し込みはタッチパネルor申し込み用紙に記入

カードローンへ申し込む際には、氏名や住所などの本人情報の他に、勤務先や年収など審査で必要な情報も入力しなければなりません。

無人契約機によってはタッチパネルで入力するところもあれば、申込用紙に記入していくところもありますが、申し込み時に入力する情報はどの業者もほとんど変わりません。

一般的にカードローンの申し込みで入力する項目は以下の通りです。

  • 氏名
  • 住所
  • 連絡先(電話番号・メールアドレス)
  • 家族構成
  • 居住形態(賃貸・持家・社員寮など)
  • 勤務先名
  • 勤務先住所
  • 勤務先電話番号
  • 年収
  • 業種
  • 職種
  • 勤続年数
  • 出向の有無
  • 他社借り入れの有無
  • 希望限度額
  • 希望連絡方法など

これらの情報を基に審査が行われるので、なるべく細かく正確に入力するようにしましょう。

必要書類の提出

申込情報を入力したあとは、必要書類を提出します。

無人契約機にはカメラやスキャナーがついているので、指示された方法にしたがって書類を読み取り、審査を行っている本部へとデータを送信することで、書類提出は完了です。

郵送とは異なり、データの通信はインターネットで行われるため、数分で確認まで終わらせることができます。

ただし希望限度額によっては、身分証明書だけでなく収入証明書の提出も求められるのでご注意ください。

消費者金融であれば希望限度額が50万円を超える場合、収入証明書の提出が必要となっています。

まとまった金額の融資が必要な方は、あらかじめ収入証明書を用意しておくようにしましょう。

在籍確認&本人確認の電話

業者によって行われるタイミングは微妙に異なりますが、審査に最中には在籍確認と本人確認の電話が行われます。

在籍確認では勤務先に電話をかけて、申込者が本当に会社に在籍しているかどうか確認をします。

とはいっても本人は無人契約機の中にいるので、本人が対応する必要はありません。

「○○は現在席を外しています」

というように、在籍していることが確認さえできればOKです。

また本人の携帯電話へ連絡をして、申し込み内容に間違いがないのか確認も行います。

いくつか申し込み内容について質問されることもあるので、正直に応えるようにしましょう。

なお会社が休業日で在籍確認をしても誰も電話に出ないという方は、あらかじめ伝えておくようにしましょう。

在籍確認を後回しにして、とりあえず融資を受けることができるようにしてくれる会社もあるからです。

※その場合、限度額は10万円程度に制限されます。

在籍確認を行う前には、電話をしていいか訊かれるので、そのときに伝えておけばいいでしょう。

審査回答&契約手続き

審査の結果は電話か自動契約機の画面で表示されます。

申し込み情報を入力してから、最短30分程度で審査は終わりますが、審査を待っている間に電話確認や書類提出を行うため、そこまで暇な時間もないでしょう。

審査に通っていた場合、そのまま契約手続きへと移行します。

備え付けの契約書に改めて本人情報を入力して、無人契約機内にある投稿口へ入れておきましょう。

※契約書が発行されるタイプの無人機もあります。

その場でカード発行&借り入れスタート

契約手続きが終わったあとは、その場でローンカードが発行されます。

発行されたローンカードはすぐに使えるようになっているので、提携しているATMからすぐに借り入れ可能です。

ローンカードの発行まで終わらせることが出来れば、自宅へ郵送物が送られることもないので、奥さんや両親など家族に内緒でお金を借りようとしている方でも安心です。

無人契約機での審査のメリット

近年、無人契約機よりもネット申し込みを選ぶ人が増えてきています
インターネットからの申し込みは、ウェブ環境下にあれば携帯端末を利用して申し込みをすることも可能。
いつでもどこからでも申し込みをすることができるので、かなり重宝されています。
しかし、ウェブから申し込みをして、振り込みキャッシングをする場合は良いかもしれませんが、ローンカードは持っておいた方が圧倒的に便利です。
カードがあれば、提携先のATMを自由に利用することができるからです。
自動契約機はいざ、と言う時に役に立つのでまだその存在に頼りになります。

無人契約機で申込みは簡単??

無人契約機での申し込みは非常に簡単です。必要事項を記載または打ち込み、本人確認書類を提出すればそれだけで審査が終わります。
はっきり言えば、インターネット申し込みよりも無人契約機による申し込みの方がハードルは低いといえます。
インターネットの申し込みの場合、携帯端末やパソコンを最低限使いこなせる必要となります。
機械操作が苦手…と言う方は無人契約機に行き直接申し込みを行うことをお勧めします。
行けばわかる、それが無人契約機の良いところです。

設置されている場所は複数あるので安心を!

アコムやプロミスといった超大手消費者金融の場合、無人契約機が設置されている場所は、現在複数カ所あります。
都心はもちろんのこと、郊外にも非常に多くの店舗を設置しているので、困る事は無いはずです。
また、インターネットで借入先の店舗検索をすれば、最寄りの店舗を見つけることができます。
調べてみると、意外に近くに店舗があったりするので、お金に困ったら調べてみることをお勧めします。

24時間利用できるの?

自動契約機の利用は大抵の場合、必ず営業時間が設けられています。
24時間利用できる自動契約機はないので、ご利用の際は必ず借入先店舗の営業時間を調べたうえで申し込みにいきましょう。
これに比べると、インターネットでの申し込みは24時間365日受付を行っています。
ですから、自動契約機の営業時間を過ぎている場合はお手数かもしれませんがインターネットであらかじめ申し込みをして、翌日審査が通ったら営業時間内に自動契約機でカードを発行してもらう…と言う流れをとると良いでしょう。

周りの目が気になる、恥ずかしい方は

自動契約機のデメリットとしては、周りの目が気になると言うことです。消費者金融店舗に直接出向くと言う事はその借入先の金融商品を利用していると言うことです。
人通りの多い都心でしたら気になりませんが、郊外店舗を利用していると逆に目立ちます。こういった噂が広まるのが早い地域もあるので、ご自身のプライベートを大切にするのでしたら、インターネットからの申し込みをお勧めします。
インターネットで申し込みをすれば、周りの目を気にすることなく利用することができます。振り込みタイプのキャッシングもあるので、そちらを利用すれば店舗に行かなくても金融商品を利用することができるので非常に便利です。

即日借入できる、一番の近道

自動契約機の良いところは、最短でお金を借り入れすることができること。もちろん契約機が設置されている店舗に出向く手間は発生しますが、ATMに張り付いていればスピード審査を行っている借入先でしたら申し込みから1時間以内でお金を借り入れすることも可能です。
時間に迫られており、融通がきく状態でしたら直接契約機に行申し込みを行うと即日融資を受け入れる可能性がぐんと上がります。

関連ページ