お金レスキュー応援サイト

クレジットカードのショッピング枠現金化・お金レスキュー応援サイト

即日審査可能なキャッシングの選び方・申込み方法


急いで融資が必要なら、当日中に審査が終わる即日審査可能なキャッシングをおすすめします。

消費者金融など融資の早いキャッシング業者であれば、そのまま融資を受けることも可能です。

このページでは即日審査に対応しているおすすめキャッシングと、審査の早いキャッシング業者の選び方を紹介しています。

即日審査可能なおすすめキャッシング

プロミス

プロミス

審査時間最短30分
申し込み方法
  • スマホ
  • PC
  • 自動契約機
  • プロミスコール
  • 郵送
  • 店頭窓口
申し込み条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳から69歳未満の方
  • 安定した収入のある方
即日融資可能
実質年率4.5%~17.8%
限度額500万円
無利息期間30日間

プロミスなら申し込んでから最短30分で審査完了。

ネットや自動契約機から土日でも即日融資を受けることができます。

借入日の翌日から30日間は無利息なので、給料日前の急な出費でとりあえずお金が必要なときにもおすすめです。

アコム

アコム

審査時間最短30分
申し込み方法
  • スマホ
  • PC
  • 自動契約機
  • 電話
  • 郵送
  • 店頭窓口
申し込み条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳を超えている方
  • 安定した収入と返済能力を有する方
即日融資可能
実質年率3.0%~18.0%
限度額500万円
無利息期間30日間

アコムは大手消費者金融の中で最も審査通過率が高いため、確実に今日中に融資を受けたい方におすすめ。

ネット・むじんくん・電話から即日審査&融資を受けることができます。

アイフル

アイフル

審査時間最短30分
申し込み方法
  • スマホ
  • PC
  • 自動契約機
  • 電話
  • 郵送
  • 店頭窓口
申し込み条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳を超える方
  • 定期的な収入と返済能力を有する方
即日融資可能
実質年率4.5%~18.0%
限度額500万円
無利息期間30日間

アイフルでは急いでいる人専用にフリーダイヤルを用意しており、申し込み後に電話をかければ優先的に審査を行ってもられます。

顧客満足度も高いので、初めてカードローンを利用する方にもおすすめです。

モビット

モビット

審査時間最短30分
申し込み方法
  • スマホ
  • PC
  • 自動契約機
  • 電話
  • 郵送
  • WEB完結申し込み
申し込み条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳~69歳の方
  • 安定した収入のある方
即日融資可能
実質年率3.0%~18.0%
限度額800万円
無利息期間

モビットのWEB完結申し込みであれば、条件を満たしていれば申し込みから融資までWEB完結で手続き可能です。

「三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を開設している」「社会保険証か組合保険証を持っている」これらの条件を満たせば、WEB完結申し込みを利用できます。

新生銀行カードローン「レイク」

新生銀行カードローンレイク

審査時間最短30分
申し込み方法
  • スマホ
  • PC
  • 自動契約機
  • 電話
  • 郵送
  • 店頭窓口
申し込み条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳を超えている方
即日融資可能
実質年率4.5%~18.0%
限度額500万円
無利息期間
  • 180日間(借入額5万円以内)
  • 30日間

新生銀行カードローン「レイク」は、借入額が5万円以内なら最大180日間の無利息サービスを受けることができます。

元々消費者金融ということも有り、審査スピードも早いので、少額キャッシングを希望する方におすすめです。

借入額が5万円を超えた場合でも、30日間の無利息期間は保証されています。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローン

審査時間最短即日
申し込み方法
  • スマホ
  • PC
申し込み条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳から62歳以下の方
  • 日本国内に居住している方
  • 安定した収入と定期収入がある方
  • 楽天カード株式会社か株式会社セディナから保証を受けられる方
即日融資可能
実質年率1.9%~14.5%
限度額800万円
無利息期間

楽天銀行カードローンは、専用のスマホ用アプリで書類提出を簡単に済ませることができ、手軽に融資を受けたい方におすすめです。

ネット銀行なのでWEB申し込みしか対応していませんが、PC・スマホ・タブレット・携帯電話から24時間365日申し込みを受け付けています。

即日審査と即日融資の違いについて

即日融資と即日審査を間違えた女性

今日中にお金が必要という方は、即日審査と即日融資の違いについて覚えておく必要があります。

即日審査とは申し込んだ当日中に審査が終わるという意味であり、当日中に融資を受けられると保証したものではありません。

そのため審査は終わっても、融資は翌営業日以降という業者も、即日審査可能と呼ばれています。

今日中にお金が必要な方は、即日審査だけでなく、即日融資にも対応しているキャッシングを探さなければならないのです。

たとえば、ネット銀行で有名なオリックス銀行のカードローンでは、即日審査に対応していますが即日融資には対応していません。

当日中に融資を受けることはできないので、お急ぎの方は消費者金融を利用した方がいいでしょう。

オリックス銀行カードローンは即日融資に対応していません

口座開設が必要な銀行カードローンに注意

即日審査可能なキャッシングの中でも、口座開設が必要な銀行カードローンには気をつけましょう。

自社の口座がなければ融資できない銀行カードローンでは、口座をもっていないと即日融資を受けられない可能性が高いからです。

口座開設には時間がかかってしまうので、カードローンと同時に申し込めば審査に時間がかかってしまいます。

即日融資を希望するなら、口座不要の銀行カードローンを利用しましょう。

即日審査を成功させるためのコツ

カードローンの審査を早く終わらせるコツ

ここからは確実に即日審査を成功させるためのコツを紹介していきます。

午前中に申し込みを終わらせる

確実に即日審査を受けたいのであれば、午前中に申し込みを終わらせておきましょう。

金融機関によっては正午を過ぎてしまうと、当日中に審査を終わらせることができない業者もあるからです。

また申し込みが混雑したり、人によっては審査に時間がかかったりするため、早めに申し込んでおいた方が安全です。

営業時間前でもネットから申し込むことができるので、融資が必要なときには早めに申し込んでおくことをおすすめします。

必要書類を用意しておく

キャッシングに申し込む際には、運転免許証などの身分証明書が必要です。

顔写真つきの身分証明書でなければ、別途現在住所を証明する書類など求められることもあるので、公共料金の請求書など用意しておきましょう。

また消費者金融では借入額が50万円を超える場合、収入証明書が必要となります。

そのため50万円以上の融資を考えている方は、源泉徴収票や給与明細を用意しておきましょう。

在籍確認に対応できるようにしておく

キャッシングの審査では、一般的に勤務先への在籍確認が行われます。

そのため在籍確認に対応できるように、準備しておきましょう。

在籍確認は担当者の個人名でかかってくるため、会社の人にばれる恐れはありませんが、個人名では電話を繋がないルールの会社に勤めている人は要注意です。

「席を外しています」など、会社に在籍していることが確認できる言葉を訊ければ、在籍確認は認められますが、在籍しているかどうかも分からない対応をされては電話確認として認められません。

不安な方はクレジットカードに申し込んだから、在籍確認があるかもしれないと社内の人に伝えておくといいでしょう。

申し込み情報を細かく入力する

急いで審査を終わらせたいからといって、申し込み情報に空欄を作るのは逆効果です。

カードローンでは申し込み情報を基に審査が行われるため、申込情報はなるべく細かく入力した方が、審査はスムーズに終わります。

たとえば電話番号やメールアドレスなど、1つだけでなく自宅の番号やサブアドレスも入力した方が、業者から信用を得やすくなるのです。

申込情報に不備があれば、カードローン業者から電話確認が行われ、最悪の場合再申し込みとなります。

当日中に審査が終わらなくなる可能性もあるので、申込情報は細かく入力することをおすすめします。

複数のカードローンへ申し込まない

カードローンへ申し込んだ記録は、信用情報機関を通してあらゆる金融機関へ、リアルタイムで共有されています。

そのため複数のカードローンへ同時に申し込んでいると、よっぽどお金に困っていると思われ、審査では不利になってしまうのです。

審査に落ちるかもしれないと不安になるのは分かりますが、カードローンへあなたの要望を満たす1社に絞り込んでから申し込むようにしましょう。

審査スピードに期待するのであれば消費者金融

審査スピードに着目した場合、まずオススメなのは消費者金融でしょう。特に大手消費者金融の審査スピードは業界トップクラス。

アコム・プロミス・アイフル・モビットのような、テレビCMでおなじみの消費者金融であれば、最短30分の審査で融資を行っています。

また消費者金融の場合、審査内容が甘いため、低所得者や非正規雇用の方でも審査に可決し借り入れを行うことができます。

インターネットからの申し込みであれば、24時間365日申し込みを受け付けているので、日中は忙しい方にもおすすめです。※ただし審査対応時間は24時間ではありません。

深夜に申し込みを済ませておけば、営業時間が始まればすぐに審査を受けることができ、翌日の午前中には借入可能です。

即日審査を希望するのであれば、まず消費者金融に申し込みを行うと良いでしょう。

消費者金融の審査が早い理由

消費者金融は長年個人向け無担保融資を行ってきたため、審査に関するノウハウが蓄積されています。

申込情報を機械が自動的に審査する「属性スコアリングシステム」によって、審査スピードは各段に向上したのです。

現在審査の早いといわれる銀行カードローンも、多くが保証会社に消費者金融を利用しています。

これは保証会社である消費者金融に代わりに審査を行ってもらうためなのです。

そのため審査を最短で終わらせたいのであれば、消費者金融のカードローンへ申し込むことをおすすめします。

金利が高いから審査も甘い?

消費者金融は銀行カードローンと比べて金利は高いです。

大手消費者金融の上限金利が軒並み年率18%近くなのに対し、銀行カードローンの上限金利は12%~13%あたりが平均となっています。

しかし金利が高いというのはマイナスばかりではありません。

カードローンの審査は金利が高くなるほど、審査基準が甘くなるからです。

カードローンの審査の基準となるのは、融資を行って利益に繋がる可能性が高いかどうかです。

金利が高ければ、その顧客がもし返済不能に陥っても、他の顧客からの利息で利益を確保できます。

そのため多少リスクがあっても、積極的に貸付が行われています。

低金利のカードローンであれば、1人返済できなくなれば利益がなくなってしまうので、審査も慎重になります。

急いで審査を終わらせたいのであれば、金利の高いカードローンを選ぶのも一つの手です。

消費者金融は総量規制に注意しよう!

消費者金融の審査では総量規制に注意しなければなりません。

消費者金融等の貸金業者は、貸金業法によって総量規制と呼ばれる貸付制限が設けられています。

自社、または他社含めて年収の1/3を超える貸し付けを行った場合、業務停止命令などの罰則を受けなければならないのです。

そのためいくら審査が甘いといっても、借入総額が年収の1/3近くなる場合、審査に落とされる可能性が高いので注意しましょう。

また総量規制では借入限度額が50万円を超える場合、収入証明書の提出を義務付けられているので、忘れずに用意しておきましょう。

即日審査可能な消費者金融一覧

消費者金融審査時間金利
プロミス最短30分4.5%~17.8%
アコム最短30分3.0%~18.0%
アイフル最短30分4.5%~18.0%
モビット最短30分3.0%~18.0%
ノーローン最短30分4.9%~18.0%
フタバ最短20分14.959%~17.950%
フクホー最短即日7.30%~20.0%
キャレント最短即日7.8%~18.0%

銀行系カードローンも審査スピードが上がってきた

消費者金融並みのスピード審査対応

一般的な銀行系カードローンは、比較的審査内容が厳しく、また長い審査時間を要するイメージがあります。

もちろんそれは間違っていません。

銀行の場合、ノンバンク系の借り入れ先に比べると低金利での借り入れが可能となります。しかし、その分厳しい審査を行い融資する相手を見極めるのです。

そのため消費者金融と比べると銀行系カードローンの審査時間はどうしても長くなってしまいます。

しかし、消費者金融のように30分審査とまではいきませんが、即日審査を可能とする審査スピードを有する銀行が最近では増えてきました。

ネットバンクが非常にオススメ

最近では、楽天銀行やオリックス銀行、イオン銀行等と言うインターネットバンクが主流になりつつあります。

これらの銀行は、実在する店舗を所有せず、取引の全てをインターネット上で行います。

ネット銀行でもカードローンを取り扱っており、ネット申し込みから来店不要で融資を受けることができます。

ネット銀行のカードローンは、消費者金融と銀行の中間に位置する存在の借り入れ先と考えて良いかもしれません。

ある程度審査スピードが速く、また金利もある程度低く設定されているのが特徴です。

これらのネットバンクに申し込みをすれば、即日審査をクリアすることはもちろん可能です。

また、審査の内容も消費者金融ほどではありませんが、ある程度の柔軟性を含んでいます。

それに、銀行系カードローンと言うことで総量規制の対象外となります。そのため、専業主婦や働いていない学生の方でもキャッシングを利用できる借入先も存在します。

バランス型のメガバンク

審査スピード・金利のバランスのとれた借入先でお勧めなのは、メガバンク系です。

メガバンクとは、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行のことを指します。

これらの3大メガバンクは複数の銀行が合併してできたもの。

その為母体となる資本が非常に大きく、抜群の安定感があります。

例えば、三菱東京UFJ銀行が扱っているカードローン「バンクイック」は最短で30分審査を行ってくれます。

即日審査は当たり前。1時間かからずに審査を行ってくれるので、借入先としては非常にお勧めです。
また金利に関しても4.6~14.6%。

これは一般的な銀行系カードローンと同じ様な金利設定となります。

即日審査を望み、さらに金利にも着目した場合はメガバンク系の借り入れ先を当たると良いでしょう。
ちなみに、三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローンも同じようなスペックの高さを誇ります。

提携しているATMの数も全国区でコンビニATMも利用することが可能です。よって借り入れ・返済に困る事はまずありません。

非常におすすめの借り入れ先です。

地方銀行カードローンは即日審査に不向き?

メガバンク以外の、地方銀行でもカードローンは運営していますが、正直言って即日審査には不向きです。

三菱東京UFJ銀行では「アコム」、三井住友銀行では「SMBCコンシューマーファイナンス」というように、メガバンクでは大手消費者金融をグループ会社にし、保証会社として利用しています。

そのため消費者金融並みのスピードで審査できるようになっているのです。

地方銀行カードローンの中でも、大手消費者金融を保証会社にしているところもありますが、審査技術を共有してもらっているわけではありません。

現状では地方銀行カードローンよりも、メガバンクや消費者金融の方が、カードローンの審査は早いのです。

確実に即日融資を受けたいのであれば、地方銀行カードローンは避けた方が賢明です。

2017年から銀行の即日融資が規制されつつある

2017年から銀行カードローン業界では自主規制の動きが強まっています。

2010年の貸金業法の改正によって消費者金融の需要が落ち込んで以来、代わりに銀行カードローンがどんどんシェアを伸ばしてきました。

ここ数年の業界全体の貸付残高では、すでに消費者金融よりも銀行カードローンの方が上回っているのです。

しかし今年になって、2007年ぶりに多重債務者の数が増えたこともあり、銀行カードローンでは過剰貸し付けを抑えるために自主規制を始めました。

その結果、銀行カードローンの審査システムが変わり、即日融資ができなくなるという噂もあります。

まだ銀行からの正式な発表はありませんが、近い将来、銀行カードローンから即日審査・融資を受けるのは難しくなるかもしれません。

確実に早く借りたいなら、消費者金融を利用した方が安全でしょう。

即日審査に対応している銀行カードローン

消費者金融審査時間金利
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」最短30分1.8%~14.6%
三井住友銀行カードローン最短30分4.0%~14.5%
みずほ銀行カードローン最短即日3.0%~14.0%
楽天銀行カードローン最短即日1.9%~14.5%
イオン銀行カードローン最短即日3.8%~13.8%
オリックス銀行カードローン最短即日1.7%~17.8%
新生銀行カードローン「レイク」最短30分4.5%~18.0%
静岡銀行カードローン最短即日4.0%~14.5%
ジャパンネット銀行カードローン最短60分2.5%~18.0%
りそな銀行カードローン最短即日3.5%~12.475%

信販会社のカードローンもあるけど…?

カードローンには消費者金融や銀行以外にも、信販会社が運営するカードローンもあります。

しかし即日審査を希望する方には、信販系のカードローンは基本的におすすめしていません。

審査に1週間程度かかる会社が多く、銀行と比べるとそこまで金利も低いわけではないからです。

しかし同じ信販会社でも、クレジットカードであれば審査時間が早いので、急いでいる方にもおすすめです。

キャッシング枠のついているクレジットカードを持っていれば、審査なしで即時に借り入れも可能。

万が一のときに備えて、キャッシング枠のついたクレジットカードも一枚持っておいていいでしょう。

クレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象

クレジットカードのキャッシング枠も、貸金業法の対象となるので総量規制も適用されます。

そのため消費者金融から借り入れがある状態や、年収が低い状態では審査に通りにくいと考えておきましょう。

クレジットカードのショッピング枠は、貸金業法ではなく月賦販売法の対象となるので、総量規制の対象ではないですが、キャッシング枠は貸金業とみなされているのです。

また消費者金融の審査でも、クレカのキャッシング枠の利用状況は確認されるので、返済の延滞などには気をつけておきましょう。

ネット申し込みをうまく利用する

これまで消費者金融、銀行系、ネットバンク系、メガバンク系のカードローンの審査や金利の特徴を紹介してきました。

これらの借り入れ先は現在ほとんどがインターネットからの申し込みを可能としています。

消費者金融の項でも述べましたが、インターネットの申込・受付は大抵の借入先が24時間年中無休で行っています。

このインターネットでの申し込みをうまく利用すれば、即日審査をクリアし短時間での借り入れを可能とします。

ネット申し込みの場合、銀行や業者の営業時間外でも受付してくれるので、深夜や早朝の申し込みも可能となります。

もちろん審査が行われるのは営業時間が始まってからですが、早めに申し込みをした分即日審査をクリアできる可能性が高くなります。

またネットからの申し込みはウェブ環境下であれば場所を問いません。パソコンだけでなく手持ちのスマートフォンやタブレット等携帯端末からの申し込みも可能となりますので非常におすすめの申し込み方法です。

またネット申し込みの場合、振り込みキャッシングを利用すれば来店不要で借り入れが可能となります。

実際に店舗に出向く手間が省けますのでこちらもおすすめの借り入れ方法です。

土日でも即日審査は可能?

土日でも即日審査を受けたいのであれば、大手消費者金融がおすすめです。

大手消費者金融であれば自動契約機もあるので、土日でも審査が終わったあとにすぐカードを発行することができるからです。

土日や15時以降は振り込み融資を受けることができないので、融資を受けるならローンカードを使うしかありません。

休日に急な出費で困ったときには、大手消費者金融を活用するようにしましょう。

プロミスの瞬フリサービスを活用しよう!

土日でもすぐに融資を受けたい方は、プロミスの瞬フリサービスを活用しましょう!

プロミスでは三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている方に、瞬フリサービスを行っています。

瞬フリサービスとは24時間365日、最短10秒即時に振り込み融資を受けられるサービスで、土日でも即日振込が可能です。

わざわざATMまで向かわずとも、ネット手続きで手軽に借り入れできるので、土日にお金が必要になる機会が多い方はプロミスがおすすめです。

即日審査のカードローンへ落ちてしまったら?

即日審査のカードローンへ落ちたからといって、その日のうちに別の会社へ申し込むのは得策ではありません。

カードローンの審査に落ちてしまった場合、信用情報に審査に落ちた記録が残されてしまいます。

その状態では他社に申し込んだとしても、審査に通る見込みは低いでしょう。

他社の審査に落ちた顧客に融資を行うのは、銀行からするとリスクが高いように見えるからです。

カードローンの申込情報は、一度信用情報に記録されてしまうと、半年間は消えません。

そのため即日審査のカードローンへ落ちた方は、半年間は他社へ申し込むのは控えた方がいいでしょう。

どうしても急いでお金が必要という方は、審査に落ちてしまった原因を考えて、審査に通りやすくなる方法を考えるようにしましょう。

そのまま再申し込みしても、審査に落ちる可能性が高いので何かしら改善することが重要です。

「即日審査 申し込みのプライムサーチ」とは?

即日審査のサジェスト

最近「即日審査」をGoogleで調べると、サジェスト(予測機能)に「即日審査 申し込みのプライムサーチ」という謎のワードが表示されるようになっています。

これはどこかの業者が、自社サイトを調べてもらうために、意図的にサジェスト機能を悪用してサイト名を表示するようにしているのです。

実際に「即日審査 申し込みのプライムサーチ」と検索しても、正しい情報が紹介されているサイトは表示されません。

即日審査 申し込みのプライムサーチの検索結果

急いでお金が必要なときには、焦ってしまいサイトの中身も見ずに契約してしまう人もいます。

しかし正しい知識を持っていなければ、カードローンは危険な商品なので、あやしいサイトを参考にするのは絶対にやめておきましょう。

同じように「即日審査 カードローン 瞬即navi」や「即日審査 キャッシング 瞬即navi」も、人工的に作られた検索キーワードなので、調べないようにしておきましょう。

まとめ

このように現在、即日融資を受け、短時間で借り入れを行える銀行や貸金業者がたくさんあります。

特に消費者金融やメガバンクなどは即日融資を基本としています。

お金が必要となるのは、大抵急ぎの用事がほとんどでしょう。

今回紹介した借入先や申し込み方法を参考にしていただければ、短時間での借り入れが可能となるはずです。

ぜひお試しください。

関連ページ

  • お金を借りる際には信用情報に気をつけよう!
  • しつこい借金の取り立てには対策はあるの?
  • 市役所でお金を借りるための方法と条件
  • ブラックリストでも即日お金を借りることができる!?
  • キャッシングの簡易審査とは?
  • 即日融資可能なカードローン