お金レスキュー応援サイト

クレジットカードのショッピング枠現金化・お金レスキュー応援サイト

総量規制について


 

 

総量規制とは、またはその限度額は?

総量規制とはカードローンやキャッシングを行う際、借入金額を年収の3分の1以上以内におさえる仕組みのことを言います。
それまで貸付業者は最大で29.2%の利息をとっていましたが、これにより破産する利用者が多くでたため、この規制が施行されました。
借入金額を規制する、と聞くと利用者にとっても不具合が生じるイメージが有りますが、個人が返済できる最大の金額が年収の3分の1として世の中の破産者数を減らす為に制定された規制です。
このことにより過度の借入れによる破産者の総数はかなり減りました。
しかし、その代わりに貸し出し業者に対する負担が多くなりました。
貸出しする金額が頭打ちになってしまうので、総量規制の施行は武富士のような大手消費者金融が倒産する引き金になりました。

無職の場合消費者金融から借り入れできる?

総量規制の対象となっているのは銀行以外の貸し出し業者(ノンバンク)。
消費者金融や信販会社、不動産貸し出し業者、クレジットカード業者…、これらの業者が総量規制の対象となっています。
総量規制の対象となる貸し出し業者から借り入れを行う場合、利用者は自身の年収の3分の1以上は借入れを行うことは出来ません。
では、無職の方の場合はどうでしょう。無職の方の年収は勿論ゼロ。勿論年収の3分の1もゼロ。
したがって総量規制の観点から見ても無職の方の借入限度額はゼロということになり、実質借入れすることが出来ません。
基本的にノンバンク系の貸し出し業者は安定した収入がない場合は、利用できないとされています。
無理に申し込んでも審査で落とされてしまうだけなので注意しましょう。

主婦や学生の場合は消費者金融から借り入れできるか?

基本的に総量規制の対象となっている貸し出し業者の金融商品を利用する場合、収入のない方は断られてしまいます。
特に学生の場合は年齢制限があります。20歳以上でなければ法律上お金を借り入れる事ができません。(込はあくまで20歳以上となります。)
しかし、パートタイムやアルバイトを行っている学生や主婦の方は申込をすることが出来ます。
非正規雇用者でなくても安定した収入が認められた場合は総量規制にしたがって消費者金融のカードローンやキャッシングを利用することが出来るのです。
ですから、主婦や学生さん(20歳以上)でもお金を借入することは十分可能なので、収入のある方は是非お試しください。

銀行系の金融商品は総量規制の対象外

収入がない主婦の方はお金を借り入れる事ができないのか…?と心配になっている方もいらっしゃるかもしれませんがご安心ください。
そういった時は総量規制対象外の借入先に申し込みをすればよいのです。
総量規制の対象外の借入先は銀行系のカードローンやキャッシングです。
特にメガバンクやネットバンクの借入先は専業主婦でもお金を借入することが出来ます。
主婦用のカードローンも用意されている銀行もあるくらいです。
借入限度額が30~50万円と制限されていますがそれでもちょっとしたお金のピンチには非常に役に立ちますよね。
勿論収入のある主婦の方は年収の3分の1以上のお金を借入することが出来ます。
イオン銀行など、主婦にフィットした借入先などもあるので、色々と調べた上で申込を行いましょう。

収入があればどこでも借り入れできる

総量規制は「借り過ぎ」を防ぐために作られた規制です。収入がないということは返済能力がない、とみなされ借入れを行うことができなくなります。
しかし逆を言えば、少なくても安定した収入があれば、ある程度どこからでもお金を借り入れできる、というわけです。
また総量規制対象の場合、主婦の配偶者に返済能力があったとしても本人に返済能力がなければ借り入れできないのでこれも注意が必要です。
あくまで本人に対しての返済能力を問われるということです。

関連ページ