お金レスキュー応援サイト

クレジットカードのショッピング枠現金化・お金レスキュー応援サイト

会社役員がお金を借りる場合


会社員でも、役職についている場合、社会的な責任は正社員の中でも高くなります。そのため、お金を借りることに対して慎重になってしまうという人も多いそうです。役職があることでキャッシングなどの利用に大きな違いはないようですが、気になることをFAQ形式でまとめてみました。

icon-q会社役員でもキャッシングなどは利用できる?

icon-a会社役員の役職名などに関係なく、安定して収入を得ているのであればキャッシング審査を受けることができます。年収が高くなるほど、借入可能額も大きくなりますから、融資を受けやすくなると考えていいでしょう。雇用条件などではなく、安定した収入、年収がキャッシング審査では重要視されることが多いようですよ。

icon-q役職があるので会社には知られずに利用したいけれど、在籍確認はある?

消費者金融の中には、在籍確認などを行わない審査を実施している会社が増えているそうです。どうしても在籍確認を避けたいという場合には、このようなキャッシング会社を探すのもいいかと思います。また、クレジットカードの在籍確認が来る、というような形で会社の人に先に話してしまうという人もいるそうです。

icon-q審査では役職まで詳しく書く必要があるの?

icon-a審査で必要なのは、本人確認書類となります。役職などを細かく申告する必要は原則としてありません。ただし、年収を証明する必要がある場合には、役職手当なども含めた年収を第三者が確認できる書類の提出が必要になります。

icon-qキャッシング利用中に昇進、役職手当がつくようになった場合、キャッシング会社に報告しなくてはダメ?

icon-a原則として、年収が上がれば、借入可能額がアップします。しかし、限度額の引き上げには再審査が必須となります。また年収が変わる場合、契約書などで申告する義務が明記されている場合には申告の必要があります。仕事などが落ち着いてからでいいので、申告しておく方が安全といえるでしょう。

icon-q家族がいるので、書類などが自宅に届くと困る。明細郵送などは避けることはできる?

icon-a会社役員に就く程度の年齢の場合、家族を養っているという人も多くなってくるかと思います。明細や契約書などの郵送物が一切ないキャッシング会社も少しずつ増えているそうです。ウェブ上ですべて確認できるプランを選ぶといいでしょう。ただし利用明細は自分でわかる場所にダウンロードして、過去の履歴も含めて確認できるようにしておきましょう。

関連ページ